スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトが有料のクラウドサービスをリリース

マイクロソフトはクラウドの分野には出遅れていたんですね。
ついにクラウドサービスの決定版を発表したそうです。
29日に発表されたばかりのクラウドサービスは「Office365と名付けられモニター企業やパートナー企業の幹部らを招いて盛大な記者会見を行なっています。

「Office365は、マイクロソフトの人気サービスである「Office」がクラウド上で利用できるほか、ファイル共有機能やメール、カレンダー機能など、一般的なクラウドサービスで利用できるほとんどのサービスが利用できるようです。

このサービスは企業向けに設計され、零細企業から数万人規模の企業でも利用可能だということです。利用者数50人までの小規模メニュー「プランP」、数万人規模まで対応する「プランE」の2種類が用意され、価格はそれぞれ600円と1000円になります。

記者会見では日本マイクロソフトと米マイクロソフトの幹部が出席し、先行ユーザーのメディアワークス・ブルーム、パートナー企業の大塚商会、リコージャパン、NTTコミュニケーションズなども登壇してあいさつしていますが、今後は大塚商会やリコージャパン等を通じて、企業向けの販促が行われるようです。

リコージャパンの窪田大介取締役専務執行役員は登壇の挨拶でインターネット接続サービス「NETBegin BBパック」との
連携ソリューションに意欲的でした。「(NETBegin BBパックは)10万社への販売実績があり、毎月3000~4000社の顧客を増やしている。われわれには、全国300か所の営業拠点と1万人の営業担当者がいる。これらのインフラを活用して『Office 365』を拡販する」と力強く宣言しています。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000016-bcn-sci
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/29/news087.html
日経ビジネスオンラインニュースURL
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110620/221031/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/515246/

関連記事

テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

タグクラウド

RSSリンクの表示

フリーエリア

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。